「上野さんは不器用」 5話 感想 おもらしの山下とママに目覚める西原さん

2019冬アニメ

「上野さんは不器用」 5話 感想 おもらしの山下とママに目覚める西原さん

ピースペクターと山下さんのおもらし

8つの学校に広がる怪談を調査する模様。

こういうのって普通七不思議とか言われて、7つすべてのうわさを知ると死ぬみたいなやつじゃなかったっけ?

 

ピースペクターはそのような超常現象を引き起こしているものを画面に映し出す発明品。

ピーがモザイク音で隠れているものを表していて、spectは英語で見るを表すから、隠れているものを見るものって意味かな。(例えばprospectはproは「前」を表すので、前を見る=予想とか見込みを意味する)

 

今回の上野さんのたくらみは、わざと怪奇現象をこわがって田中に抱き着くことらしい。

 

上野さん田中をビビらせようとして、ジャブとして叫んだら、まさかの山下の足から地面へとつたう謎の液体が!!!!!

 

山下、怖いのが苦手らしい(もらしたのは、叫び声を聞く前からだった。)

上野さんの計画を壊さないために、怖いのが苦手であるのを黙っていたとのこと。

山下、お前ってやつは本当に優しいな。。。

 

田中は拭くものを用意するため、教室を出ていきます。

しかし、元は介護用ロボである上野13号が水を吸い取り、さらにぬれたパンツを脱水して、乾かす。

おお、優秀な上野13号

 

ここで、田中、ジャージのズボンとダッシュたんロッカくんを持ってくる!

ここで今までの発明品が出てくるのはなんだか熱いぞ!!!

 

 

PEリザーバーと新キャラ・西原さんの汗

窓をドンドンする人がいるのでみると巨乳の少女が張り付いていた!

どうやら、上野さんの友達の西原さんらしい。

依頼は、運動できすぎるが故の多汗症の見た目の悪さをごまかす発明品の開発らしい。

 

西原さんの「まるで失禁かと見まごうほどのこの発汗量。このままでは、所かまわずおもらしをするぬれしょんガールと認識されてしまう」

で山下がびくっとしているのが面白かった。山下、どんまい。

 

ここで上野さんが発明したのがPEリザーバー。

汗を尋常じゃなく吸い取る服で、しかもその汗を飲料水に変えられるらしい。

いや、上野さん、なんでも飲める用の水に変えるの好きだな。

ロッカくんしかり、ガラクたんしかり。

ちなみに5リットルもすえるとのこと。

上野さんの「多い時でも安心である」は生理じゃないんだから。。。

 

そして、この女も北長さんとどうように、田中に絡みに行って、自分の汗由来の水を飲ませようとする。

やはり田中はサイコパスだから、モテるのか?

 

しかし、田中が飲むのを防ぐために、上野さんが代わりに無理やり飲み、西原さんの母性本能が芽生えて終了。

確かに、汗も母乳も、血液由来ではあるが。。。

 

タモンが脱ぎたての西原さんの服を餌にしているところが可愛かったです。

今日はこの辺で。

コメント