記憶を消してもう一度見たいアニメ1位!シュタインズゲート アニメ あらすじ 感想

2011夏アニメ

記憶を消してもう一度見たいアニメ1位!シュタインズゲート アニメ あらすじ 感想

 

記憶を消し去ってもう一度見たいといわれるほどの伏線回収がうまい神アニメ・Steins;Gate(シュタインズ・ゲート、略してシュタゲ)

私も次から次へと伏線が回収されていくシーンにはえええええという声が実際に漏れてしました。

この記事ではそんな最高に面白いアニメ・シュタゲのあらすじ、感想を紹介していきます。

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)のあらすじ・キャストなど

シュタインズ・ゲートのあらすじ

舞台は2010年の夏の秋葉原。

 

厨二病から抜け出せない大学生である岡部倫太郎は、

「未来ガジェット研究所」を立ち上げ、用途不明の発明品を日々生みだしていた。

だが、ある日、偶然にも過去へとメールが送れる「タイムマシン」を作り出す。

 

世紀の発明と興奮を抑えきれずに、興味本位で過去へと干渉を繰り返す。

その結果、世界を巻き込む大きな悲劇が、岡部たちに訪れることになるのだが…

悲劇を回避するために、岡部の孤独な戦いが始まる。

 

果たして彼は、運命を乗り越えることができるのか!?

シュタインズ・ゲートのキャスト・スタッフ

岡部倫太郎:宮野守 牧瀬紅莉栖:今井麻美 椎名まゆり:花澤香菜 阿万音鈴羽:田村ゆかり 漆原るか:小林ゆう フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ 橋田至:関智一 桐生萌郁:後藤沙緒里 天王寺裕吾:てらそままさき 中鉢博士:小形満

原作 – 5pb./Nitroplus 総監督 – 佐藤卓哉・浜崎博嗣(第25話のみ) 監督 – 佐藤卓哉・浜崎博嗣→小林智樹(第25話のみ) シリーズ構成 – 花田十輝 アニメーション制作 – WHITE FOX 製作 – 未来ガジェット研究所

アニメ「Steins;Gate」公式ホームページより

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)の感想・魅力など

伏線のはられ方と回収が見事!

シュタゲ第1話を見たときは正直言って「うわ、退屈なアニメやなー」と思いました。

しかし、この1話刮目してみておいてください!伏線が張り巡らされているのです。

その伏線の回収のあざやかさときたら。。。それがそういう風につながるんかい!と度肝を抜かれます!

目見開いてみとけよ!!!

 

ヒロイン・牧瀬栗栖の可愛さ

助手こと牧瀬栗栖の可愛さはです!!!

天才科学者、ツンデレ、貧乳。困っている主人公・岡部に手を貸そうとしてくるその優しさ!最初はムスッとしているけど、仲間と打ち解けるようになって見せてくるデレ、サイコーです!

 

主人公の孤独な闘い

事情からだれにも頼ることは許されない主人公・岡部倫太郎。

ある人を守るために胸を引き裂かれそうになりながら、多くを犠牲にして前に進む姿は見ているコッチもつらい

世界線を越えて、未来を変えることができるのか?その目で確かめてください!

 

主人公の相棒・ダルのネットスラング

ダルは重度のオタク!ネットスラングを多用します。

例えば

・常考(常識的に考えて)

・あるあ……ねーよ

・マンドクセ

・「ぬるぽ」「ガッ」

などなど。今じゃ耳にしない物ばかり。歴史を感じる…

リアルにネットスラングを耳にするとけっこうこっぱずかしいものなんですね。

でも、ダルはただのデブとは違います!決めるときは決めてくるカッコいい男。

その活躍にも注目してください!

 

「Steins;Gate」おススメのアニメです!ぜひ一度視聴してみてください!

 

 

 

コメント