エビングハウス曲線!脳科学に基づいて最大効率で単語をおぼえろ!

勉強法

以下のような経験がありませんか?

・単語を憶えようとしても、なかなか憶えられなかったりすぐ忘れたりして
イライラしたり、焦ったり、苦しかったり

・上記のせいでやる気が保てず、暗記学習が継続できていない

ここでは脳科学のエビングハウスの忘却曲線を根拠にした暗記法で1日に100個でも1000個でも単語を覚えましょう!私自身はこれをさらにアレンジした方法で受験期には1ヶ月で単語帳を1冊終わらせていました。私、オリジナルの方法も紹介します。

ところでエビングハウスの忘却曲線て?

ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが記憶に関する実験を行い、その結果「覚えたことを時間とともにどれくらい忘れるか?」を表したグラフです。

・20分後には42%を忘却し、58%を保持していた。

・1時間後には56%を忘却し、44%を保持していた。

・1日後には74%を忘却し、26%を保持していた。

・1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を保持していた。

・1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を保持していた。

暗記しても復習しなかったら、次の日には約75パーセントを忘れているなんて暗記学習は厳しすぎますね…

しかし、この忘れていく傾向を利用して効率的に覚える方法があるのです!

忘却曲線を利用した効率的な暗記法とは?

下記のグラフを見てください。

オレンジが復習した場合で、青が復習なしの場合の覚えている割合です。

2日後、1週間後、1ヶ月後、2ヶ月後と復習するごとに忘れていくスピードが遅くなっていくのがと思います。

そうです!このだいぶ忘れてきたころに復習するとグッと定着するのです。

つまり、復習をするタイミングはこの2日後、1週間後、1ヶ月後、2ヶ月後に復習しろということです。

でも、そんなの復習するタイミング忘れそうですよね?

私が体感的に最も効率の良いと感じた復習するタイミング

どうせすぐ忘れるので単語を覚えた10分後、その日の夜、次の日の朝、次の日の夜、単語帳を一周したらまた同じことを繰り返します。

そして隙間時間は一回は覚えた単語を眺めます。「この一回は覚えた」というところが重要です。初見の単語を覚えるのは労力をかなり使うので隙間時間では大した進捗を生めないからです。一回覚えた単語は眺めるだけでもかなり暗記効果を実感できます。

まとめ

・エビングハウスの忘却曲線によると忘れるタイミング、つまり、2日後、1週間後、
1ヶ月後、2ヶ月後に復習するとよい

・しかし、上記のような複雑な経過時間では復習するタイミングを忘れるので、
10分後、その日の夜、次の日の朝、次の日の夜、単語帳を一周したらまた同じこと
を繰り返す

・隙間時間は一回は覚えたことのある単語を眺めるだけでも効果あり


コメント