「ブギーポップは笑わない」 8話 感想 飛鳥井仁考察と織機・公衆便所呼ばわりにキレる谷口正樹

2019冬アニメ

「ブギーポップは笑わない」 8話 感想 飛鳥井仁考察と織機・公衆便所呼ばわりにキレる谷口正樹

 

飛鳥井仁の冒頭のセリフ考察

すべての記憶が実現するのは結局において未来である。

どんなに夢に見ても、その本人でなく、次の世代だ。

しかも、彼らにとって夢でなくそれはただの既成事実でしかない。

はい、冒頭部の飛鳥井仁のセリフですが、何をいいたかったんですかね。

進化の話でしょうか?

生まれてしまった、あなた自身はもう進化できません。

進化をする可能性を持っているのは次の世代です。

あなたにできることは、適当なパートナーを探してきて、相手の形質と自分の形質を含んだ子供を作ることだけです。また、子供に突然変異が起こるしかないです。

 

まあ、たぶん進化の話ではないと思います。

ここで飛鳥井仁が言わんとすることは、最後にスプーキーEになぜ、おまえはこんなことをするのだと問われた答えになるのかもしれません。

飛鳥井仁がしようとしていることは別に彼のためになりません。

彼は理想の世界を作ろうとしていますが、それは彼の得にはならない。

不安定な精神をもった人をなくし、次世代に不幸な人がいなくなるようにするのです。

彼は非常に利他的な人間なのです。

いや、正確には利他的な人間に「なった」のです。

なったというのは、末真和子が指摘するように飛鳥井仁は以前は、他人に気を遣うほどの余裕はない人間でした。

末真に言われて図星だったので、おこっていました。(しかし、末真が震えていて、彼女もまた不安定な精神の持ち主と気づいて、冷静になった。)

しかし、彼はイマジネーターとであって、変わったのです。

もう苦しむ人がいなくなるように、全人類の精神をみな同じ状態にするということを胸にいだいて。

つまり、スプーキーEの問い「何の得にもならない世界を変えるのを飛鳥井仁がする理由」はイマジネーターとの出会いによって、飛鳥井仁は利他的な思想を手に入れ、次世代の人の精神状態が安定するのを望むようになったため、ですね。

 

というか、飛鳥井仁の父がなぜ死んだのか?というのに対して、前回の記事でわたくし目、絶対、飛鳥井仁がからんでるだろと書いた気がしますが、全然当たっていませんでしたね。

スプーキーEが人々の変化の度合いを知るために散布していた薬のアレルギー反応、もしくはショック症状で、飛鳥井仁の父は死んでしまったのです。

ここにお詫び申し上げます。

 

おりはたを公衆便所呼ばわりされ、キレる谷口正樹

いやあ、恋は盲目とかいいますが、ほんとうにその通りですね。

公衆便所とあおられただけで、すぐに飛び出してくるなよ。

そして、女を普通にぶつ。格闘家としていいのか?

谷口正樹もうちょっと考えて動こうぜ。

まあ、でも、こいつ強いから相手を倒しちゃうんだよなあ。

前回、闇ルートを選んだ谷口正樹で死亡フラグがたったかと思えば、飛鳥井仁と霧間凪のおかげで今回の危機はフラグ回避できましたね。

姉の言うこと聞かず逃走する谷口正樹。飛鳥井仁にラスト目を付けられました。

まあ、でも死なないでしょ。なんたって、ブギーポップと霧間凪がついているので。

今回はこの辺で。

死んだスプーキーEちゃんをどうぞ!!

「ブギーポップは笑わない」 7話 感想 ち〇このない人間スプーキーE

「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」6話 感想 ついに会計・石上、登場!藤原書記にセクハラしてしまう。。。

「五等分の花嫁」 6話 感想 デレルみくが可愛いぞ。そして一花も頭ポンポン

「約束のネバーランド」6話 感想 ドンがノーマンとレイをぶん殴る。ドンうざい。

「盾の勇者の成り上がり」6話 感想 嫉妬するラフタリア、かわいいぞい!元康がまた何かやらかしそうな雰囲気。。。

2期「賭ケグルイ ××」 6話 感想 今までで最高のムネアツ展開、黄泉月るな変顔も見逃せない!

「モブサイコ100Ⅱ」 6話 感想 成長するモブと孤独の霊幻

「けものフレンズ2」 5話 感想 考察 とんとん相撲で解決はつまらない。。。最後のキャラはカバンちゃん!?

「上野さんは不器用」 6話 感想 上野さん肛門拡張、シリ食い込みのお尻回

 

コメント